NordVPNがTorrentに最適な理由を紹介。高速・匿名性の高いVPNはこれだ!

今回は、なぜTorrentを利用するのにNordVPNが最適なのかを解説します。

NordVPNが優れている理由

Torrentが許可されている

VPNによっては、Torrentが許可されていないVPNも多くあります。

Torrentを利用すると、1人で非常に短時間に大量の通信を行うことになります。

そのため、そういった人がいると、VPNサービス全体の通信品質が低下してしまいます

それを防ぐために、保有しているサーバーの処理能力が低い場合はサーバーの台数があまり多くないVPNサービスではTorrentの利用が規制しているのです。

NordVPNは、そういった心配はなく、公式にTorrentの利用が許可されています。

NordVPN公式サイト:P2Pに最適なVPN

サーバー台数が多い

NordVPNは全世界で5516サーバー・58台のVPNサーバーを運営しています。

もちろん、その中に日本のVPNサーバーも含まれており、77台ものサーバーが運営されています。

VPNにおいて、サーバーの台数というのが「通信速度」と「安定性」に直結します。

サーバーの台数が多いと、多くの人がそのサーバーを同時に利用することになり、通信速度が低下したり、接続が切れてしまうことがあります。

NordVPNでは、VPNサービスの中でもっとも多くVPNサーバーを運営しているサービスであり、まったくそういった心配はありません。

NordVPN公式サイト:サーバーリスト

通信速度が速い

サーバーの台数が多いこともあり、通信速度は非常に高速です。

実際に通信速度を計測してみました。

以上のように通信速度は非常に高速です。

Torrentでは通信速度が非常に重要です。

ログが保持されない

VPNサービスによっては、利用者がそのVPNを利用して行った通信内容を保存しているサービスもあります。

そういった通信内容が外部に公開されてしまったりすることがあります。

ログを保持しているVPNサービスのサーバーを政府などの機関が勝手に押収してしまうようなケースも今までありました。

そのため、Torrentを利用するVPNは必ずログが保持されていないVPNを選ぶ必要があります。

Socks5プロキシが提供

VPN専用のソフトを利用すると、そのパソコンの通信はすべてVPN経由の通信となります。

通常の用途で、VPNを利用する分にはまったく問題がありません。

しかし、Torrentを利用する際、それは大きなデメリットになります。

Torrentでファイルをダウンロードしながら、Chromeなどのブラウザを利用する際には問題が発生してしまいます。

Torrentを利用すると、VPNの通信帯域を非常に食ってしまいます。

インターネットは、高速道路のようなものです。

すべてVPNにつながると、3車線の車線をすべてVPN経由での通信となってしまいます。

そうすると、Torrentを利用すると他のブラウザなどで利用するインターネットも遅くなってしまいます。

そこで、Socks5というプロキシを利用することでTorrentの通信だけをVPN経由での通信とすることができます。

そうすることで、通常のブラウジングは高速に、Torrentの通信はVPN経由で匿名化させた通信をすることができます。

料金が安い

VPNのサービスを利用するには、料金を支払う必要があります。

NordVPNでは、契約の機関にもよりますが、最低月額300円程度の料金で無制限にVPNを利用できます。

以上がNordVPNがTorrentに最適な理由です。

NordVPN公式サイトは以下のリンクからご覧ください。

NordVPN公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)