Torrentをプロキシサーバー経由にしても意味がない3つの理由。IPアドレスは隠せない。

「TorrentでIPアドレスを隠して利用するには、プロキシサーバー経由にすればいい」ということを耳にしたことがあると思います。

しかし、そこには多くの盲点があるのです。

今回はその盲点・危険性について解説します。

1.プロキシサーバーはログを保存

IPアドレスを隠したいと考える人の中には、捜査機関からIPアドレスを隠す目的で利用する人もいるでしょう。

ちなみに、いくらIPアドレスを隠せたとしても違法は違法ですから、禁止ですよ。

プロキシサーバー経由でTorrentを利用すると、確かにあなたのIPアドレスを隠すことができます。

正確にいうと、あなたのIPアドレスが利用しているプロキシサーバーのIPアドレスにすり替わります。

しかし、プロキシサーバーはすべてのログを保存しています。

そのため、警察などの機関が正式な手順をふんでプロキシサーバーに対して、

「この時間にあなたのプロキシサーバー経由で違法な通信がありました。その人のIPアドレスを教えてください。

という請求を行います。

確かに、海外プロキシサーバーなどの場合、IPアドレスがわかるまでに時間がかかることがありますが、最終的には99%、あなたのIPアドレスがわかります

2.プロキシサーバーは不安定

Torrentでファイルをダウンロードする際、長い時間、インターネットを継続的に利用します

また、プロキシサーバーは低速であることが多く、通常であれば、10分もかからないようなファイルもまる1日かかるようなこともあります

しかし、無料で運営されているプロキシサーバーはとても回線が不安定です。

1日24時間のうち、1つのプロキシサーバーがちゃんと稼働している時間は12時間にも満たないことが普通です。

そうったプロキシサーバー経由でTorrentをダウンロードしても、まったくファイルのダウンロードが進まないでしょう。

また、プロキシサーバーが切断された際に自動的に生IPアドレスで通信を行ってしまう可能性もあります。

そういった際には、せっかくプロキシサーバーを利用していても、まったくもって意味がなくなります。

3.プロキシサーバーの運営者は情報取り放題?

プロキシサーバーは無料で運営されています。

しかし、プロキシサーバーの運営にはかなりのお金と労力が必要となります。

では、なぜプロキシサーバーを運営するのでしょうか。

確かに、一部の運営者は「海外の人が安全にインターネットを利用できるように」といった考えから運営している人もいるでしょう。

しかし、残念なことに多くの運営者は「プロキシサーバーを運営することでお金を稼ごう」と考えています。

プロキシサーバーを経由させた通信は、その運営者にすべて筒抜けです。

すべての情報を保存することが可能なのです。

暗号化せずに、プロキシサーバー経由でクレジットカード情報を入力すれば、その運営者はその情報を保存することが可能なのです。

「Torrentで誰が何をダウンロードしたのか?」ということも簡単にプロキシサーバーの運営者は把握できます。

 

以上のようにTorrentをプロキシサーバー経由することには、大きなデメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)