Torrentで逮捕者続出?絶対にダウンロードしてはいけないファイル

今回は、Torrentで検挙件数の多いファイルの種類を紹介します。

1.児童ポルノ

Torrentでの検挙で一番多いのが児童ポルノ関連のファイルです。

児童ポルノ禁止法は、親告罪ではないため、被害者からの被害届がなくても、警察が逮捕・起訴することが可能です。

また、Torrentの仕組み上“誰が“・”どのファイルを“共有しているかということが簡単にわかってしまいます。

そのため、警察も容易に犯人を特定し、逮捕できます。

2.映画

著作権保護法で規制されているファイルの中でも映画ファイルを共有したことにおり検挙が一番多いです。

つい先日、「君の名は。」を共有したことで逮捕された方もでていました。

先ほども述べた通り、著作権保護法は親告罪であるので、被害者が警察に被害届を提出しないかぎり警察が動くことはありません。

そのため、個人で販売しているような同人誌などは逮捕件数が少なくなる傾向があります。

3.有名アニメ

ワンピースなどの有名なアニメはかなりの頻度で取り締まりの対象となっています。

そういったファイルは定期的にアニメの制作会社や放送会社から被害届が提出されているのでしょう。

 

以上がtorrentを利用して逮捕された方の多いファイルの種類です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)