Torrentは危険すぎる。何もやってないのに逮捕される可能性のある3つの理由

今回は、torrentの危険性について解説します。

※当記事は、Torrentの利用を推奨するものではありません。

1.ウイルスが送られてくるかも知れない

例えば、あなたがTorrentを利用して何かファイルをダウンロードしたとしましょう。

しかし、そのファイルは本当に安全なファイルなのでしょうか?

Torrentを利用してファイルのやりとりをした際に、そのファイルは見ず知らずの誰かから共有されているものです。

そのため、もし本来のファイルからウイルスを含むファイルに改ざんされていた場合、あなたのパソコンにウイルスが入ってしまうことになります。

2.ハッカーから攻撃される危険性

Torrentを利用すると、IPアドレスというものを公開することになります。

IPアドレスはインターネット上の住所と呼ばれており、それがわかると、あなたが“どこから”・“どうやって”インターネットを利用しているのかということが意図も簡単にわかってしまいます。

また、技術のあるハッカーであれば、そのIPアドレスを元にあなたに攻撃を加えることが可能です。

3.違法行為をしてしまうかも

Torrentを利用していると気付かないうちに違法行為を行ってしまう可能性もあります。

特に、危険なのは“児童ポルノ関連のファイル”です。

著作権法で規制されているファイルをやりとりすることは、もちろん違法です。

しかし、著作権法は親告罪とされているため、その権利をもっている人が被害届を警察に提出しない限り、警察機関が動くことはありません。

しかし、“児童ポルノ関連のファイル”のやりとりは、被害者からの被害届がなくても、警察機関が動くことが可能です。

そのため、日夜、Torrentを監視し、児童ポルノをやりとりした人たちを逮捕しています。

「自分は児童ポルノなんか共有しないから大丈夫!」と考える方も多いと思います。

しかし、先ほども述べた通り、技術のある人であれば、Torrentでファイルを改ざんすることが可能です。

そのため、悪意のある人が本来であれ合法的なファイルを違法ファイルに改ざんされていたばあい、あなたも違法行為をおこなってことになります。

対処方法は?

Torrentを利用するに一番重要なことは「IPアドレスを隠す」ということです。

IPアドレスを隠すことができれば、ハッカーからの攻撃などにあう心配もありません。

IPアドレスを隠す方法

では、どうすればIPアドレスを隠すことができるのでしょうか?

それは、VPNというサービスを利用する方法です。

通常であれば、Torrentを利用するとあなたパソコンと他のTorrentを利用している人のパソコンがダイレクトに接続されます。

しかし、VPNを利用すると、あなたのパソコンと他人のパソコンの間に、1台別のパソコンを挟むことができます。

以下にTorrentにおすすめのVPNを紹介していますので、ぜひ参考にされてください。【現在執筆中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)