BitThiefでTorrentをダウンロードする方法!アップロードしないでダウンロードだけする裏技

今回は、Torrentでダウンロードだけをするクライアントソフト「BitThief」を利用して、Torrentをアップロードしないでダウンロードだけする方法を解説します。

このクライアントソフトを利用すると、Torrentをダウンロードのみで利用できますが、悪用は禁止です。

1.Javaのインストール

「BitThief」を利用するには、Javaというソフトをパソコン内に導入する必要があります。

まずは、下記のリンクからJavaをダウンロードしてください。

Javaをダウンロード

以上のリンクをクリックし、ページの指示にしたがってJavaのダウンロードをしてください。

次に、ダウンロードしたフォルダを開いて、インストーラーを起動してください。

起動したウインドウ右下の「インストール」をクリックしてください。

ノートンの広告が表示されますので、「ノートンセキュリティデラックス(推奨)の30日体験版をインストールしましょう」のチェックを外した上で、「次へ」をクリックしてください。

Javaのインストールが開始されますので、じっくり待ちましょう。

「Javaが正常にインストールされました」と表示されましたら、画面右下の「閉じる」をクリックしてください。

2.「BitThief」のインストール

まずは、「BitThief」公式サイトから「BitThief」をダウンロードしてください。

下記のリンクをクリックして、「BitThief.exe」をクリックしてください。

外部リンク:「BitThief」公式サイト(WebArchive)

※公式サイトが消去されたため、WebArchieveで過去の記事を表示させています。

ダウンロードしたフォルダを開いて、「BitThief」を起動してください。

「BitThief」のウインドウが開いて、「You don’t have any active torrents」と表示されれば、ソフトの起動が完了しています。

3.「BitThief」でTorrentをダウンロード

画面左上の「File」をクリックして、「New Download..」をクリックしてください。

次に「Torrent Metafile」右の「Browse」をクリックしてください。

今回利用するTorrentファイルを選択して「開く」をクリックしてください。

次に「Start Download」をクリックしてください。

「Windows セキュリティの重要な警告」が表示されますので、「アクセスを許可する」をクリックしてください。

下のような画面が表示されれば、Torrentのダウンロードが開始されています。

あとは気長に待ちましょう。

「Done」と表示されたら、ダウンロードが完了しています。

以上が「BitThief」でアップロードせずに、Torrentをダウンロードする方法です。

2 件のコメント

  • DLとULの所に、0=unlimitedとなっています。今まで気が付かずに、ULを0にしていたのですが…
    Upload Dataのチェックが外れていた場合は無視されてULは行われないのでしょうか?

    • トレントナビへのコメントありがとうございます。
      状況によって確実なことはいえません。
      BitThiefでは通信状況を確認することが可能なため、そちらでアップロードがされているか確認してみてはいかがでしょうか?
      また、そちらの数値を上げたうえでタスクマネージャやリソースモニターから通信状況を確認すれば、アップロードされているかどうかを確認することができる考えます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)