BitTorrentでプロキシサーバー・串刺しを設定する方法【日本語】【画像付き】

今回は、BitTorrentでプロキシサーバーを設定する方法を紹介します。

プロキシサーバ・串刺しとは?

通常は、Torrentを利用した際にあなたのパソコンと見ず知らずの人のパソコンとが直接接続されることになります。

また、ログが保存されるため、あなたのIPアドレスが簡単にわかるようになってしまいます。

しかし、プロキシサーバーを利用すると、その間に1台別のパソコンを経由することになるため、あなたのIPアドレスを隠して、より安全にTorrentを利用できるようになります。

そして、以上のようにプロキシサーバーを利用することをインターネット上では、「串刺し」や「串を刺す」と呼ばれてます。

BitTorrentの設定方法

uTorrentでもほとんど同じですので、同様の作業でプロキシサーバーを設定できます。

ソフト起動後、ウインドウ左上部の「オプション」をクリックして、「設定」をクリックしてください。

設定画面が開きますので、「接続」をクリックしてください。

ウインドウ中央部の「プロクシサーバー」という欄に必要な情報を入力してください。

タイプは「HTTP」を選択し、プロクはプロキシサーバーのIPアドレスを入力、ポーにはプロキシサーバーのポート番号を入力してください。

画面下部の「適用」と「OK」を順番にクリックして、設定終了です。

また、プロキシサーバーのリストは以下のページなどから取得できます。

無料プロキシリスト【外部サイト】

 

以上がBitTorrentでのプロキシサーバーの設定方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)