Torrentでシードする必要性を解説。どうして、ダウンロード後に止めるべきではないのか?

今回は、Torrentでシードをする必要性について解説します。

トレントのシードとは?

「シード」=「種」 という意味です。

ダウンロード終了後、Torrentでは自動的に「シード」という状態に変更されます。

ード中ということは、自分のダウンロードが終わっており、そのダウンロードしたデータを他に人に配布している状況です。

なぜシードをするべき?

Torrentの理念

トレントの理念として、「みんなで助け合ってファイルを共有する」という考え方があります。

あなたがTorrentを利用して、ファイルを手に入れたと言うことは、他の誰がかシードとなり、あなたにファイルを共有してくれたことになります。

つまり、今度はあなたがまだダウンロードしている人のシードになり、ファイルを共有することで助けるべきです。

もし、シードとなるユーザーがいなくなってしまえば、Torrentを利用したダウンロードができなくなってしまいます

 

以上の理由が、Torrentでダウンロード終了後も、シードをするべき理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)