Torrentで児童ポルノは絶対にダウンロードしてはいけないただ1つの理由

今回は、Torrentで児童ポルノをダウンロードしてはいけない理由を解説します。

※管理人は法律の専門家ではありません。あくまでも参考として閲覧ください。

※Torrentを違法行為に用いることは禁止です。

親告罪と非親告罪

犯罪には、「親告罪」と「非親告罪」という2つの種類があります。

親告罪とは?

被害者やその関係者の告訴がなければ、警察などが捜査することのできない犯罪のことをさします。

名誉毀損罪や過失傷害などの程度の軽いものや、訴えることにより被害者自身が損害を受ける可能性のある犯罪が該当します。

非親告罪とは?

被害者などの訴えがなくとも、警察の判断で捜査をし、犯人を起訴でき犯罪のことをさします。

殺人罪などほとんどの犯罪はこちらに該当します。

著作権法はどっち?

著作権法は、親告罪に該当します。

そのため、著作権を保有している人が警察に被害届けを出さないと警察が捜査することはできません

著作権法による検挙が少ないのはこのためです。

児童ポルノ禁止法は?

児童ポルノ禁止法は非親告罪に該当します。

警察が被害届を受理することなく、捜査・検挙することが可能なため検挙件数が非常に多くなっています。

 

以上がTorrentを利用して児童ポルノをダウンロードしてはいけない理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)